【スポンサーリンク】

不整脈の合併症の薬とは?

抗不整脈薬は、
不整脈の中でも特に心房細胞を防ぐために使われる薬です。

 

心房細胞になると血栓ができやすくなるため、
脳梗塞を起こす危険性があります。

 

血栓が血液に乗って脳にまで達すると、脳梗塞を起こします。
そこで、心房細胞を治療する上では、
抗凝固薬という薬を服用する必要があります。

 

心房細胞を持っている限り、
この凝固薬は一生涯服用しなければならないものです。

 

心房細胞と合併して起こる脳梗塞を予防するために使われる薬は、
「ワーファリン」と「プラザキサ」のふたつです。

 

ワーファリンは血を固まりにくくする薬で、血栓ができるのを防ぎます。

 

効きすぎてしまうと、出血が止まらなくなってしまう可能性があるため、
定期健診で採血して、
薬が効きすぎていないかどうかを確かめながら、
随時服用量を調整します。

 

服用量に個人差もあるため、検査による厳密な調節が必要です。
また、服用中は食事にも制限が出てきます。

 

納豆、青汁、クロレラは口にしてはいけません。
野菜も摂取に制限があります。

 

また、他の薬との相互作用があるため、別の薬を処方されるときには、
ワーファリンを服用していることを必ず伝えるようにしましょう。

 

抜歯など、出血するようなことがある場合にも
医師に服用の旨を伝えなくてはなりません。

 

一方、プラザサキは2011年から使えるようになった
比較的新しい薬です。

 

新薬なのでワーファリンより高価な薬ですが、
使い勝手のいい薬です。

 

ワーファリンのような食事制限の必要がない薬で、
他の薬との相互作用も最小限になりました。

 

また、毎回決まった量を服用していれば、検診時、
毎回の採血も必要ありません。

 

ワーファリンは1日1回の服用ですが、
プラザサキは1日2回服用します。

 

ま腎臓が悪い人は服用できない、
服用していると胃腸の調子が悪くなることがあるなどの面も。

 

ファーファリン、プラザサキどちらが適切かは、個人によって違うので、
医師の判断を仰ぎ、容量用法を守って服用しましょう。

関連ページ

不整脈以外の病気の薬
不整脈以外の病気の薬を使うのは、どんなときかについて。
不整脈を緩和する薬
不整脈の緩和に使われる薬について。
不整脈の予防薬
不整脈の予防に使われる薬について。

注目記事