【スポンサーリンク】

運動負荷心電図検査って?

運動負荷心電図検査は、運動をしながらと、
運動後にも心電図をとる検査方法です。

 

運動中や運動の直後のみに不整脈が生じる人もいるからです。

 

労作狭心症の人は、
体を動かしたときに胸の痛みなどの症状が表れます。
このような場合には、運動負荷心電図検査が有効です。

 

心電図を付けたまま、決まった運動を行うことで、
心臓に負荷をかけた状態を心電図に撮ることができます。

 

心電図と同時に、血圧計をつけて血圧を計測する場合が多く、

血圧計

心電図と血圧の計測結果を併せて診断します。

 

心電図の波形によって、狭心症や不整脈を診断することができます。

運動負荷心電図

運動負荷心電図検査にはいくつかの方法があり、
例えば、マスター法と呼ばれる方法は最も簡単な方法で、
踏み台昇降運動のような動きをします。

 

二段の階段を、
決められた時間に決められた速度で上がったり下がったりを繰り返し、
心臓に負荷をかけた状態の心臓の動きを記録します。

 

また、速度と傾斜が数分おきに上がっていくベルトコンベアーの上を歩く
方法もあります。

運動負荷心電図検査

始めはゆっくりと、時間が経つにつれて次第に駆け足になっていき、
息切れなどで運動ができなくなるまで続けます。

 

どの程度の負荷で症状が現れるか検査することができる方法です。
これはトレッドミル法と呼ばれます。

 

スポーツジムにあるようなエアロバイクを使った、
エルゴメーター法もあります。

エルゴメーター法

これも、一定時間エアロバイクをこいで、
運動中と運動後の心電図をとるものです。

 

このような方法で、運動によって起こる動悸や、
運動をした後に起こる胸の痛みを再現して、心電図の変化や
血圧の変化を計測するのが運動負荷心電図です。

 

運動負荷心電図では、
狭心症や不整脈を診断するだけではなく、
実際にそのような心疾患を持っている人の運動許容量を
決めるためにも行われます。

関連ページ

誘導心電図検査とは?
誘導心電図の検査は何をするのかについて。
24時間心電図検査とは?
24時間心電図(ホルター心電図)はどんなことをするのかについて。
心エコー検査とは?
心エコー検査はどんなことをするのかについて。

注目記事