【スポンサーリンク】

食事が原因の不整脈とは?

不整脈の原因は心臓の疾患や老化、
自律神経の乱れなど様々ですが、
普段の食生活の中にも不整脈を誘発する要因があります。

 

例えばアルコールや、コーヒーなどカフェインが含まれる飲み物は
心臓を刺激し、不整脈を引き起こす可能性があります。

 

また、喫煙も、脈を速くする原因のひとつです。

 

また、コレステロールの高い食事や塩分の高い食べ物、
脂っこいものも、心臓に悪影響を及ぼします。

 

こういった食事は血液をドロドロにし、
血栓もできやすい体にもしてしまいます。

 

このようなアルコール、カフェイン、塩分、
コレステロールの高い食べ物や喫煙、それから水分の摂取不足は
心臓に大きな負担を与え、心房細動の原因となります。

 

心臓は左心房と左心室、
右心房と右心室の4つの部屋に分かれており、
血液が循環しています。

 

心房が1分間に400〜600回の頻度で興奮するのが心房細動です。

 

この興奮が心室に伝わり、
その結果、不規則な頻脈を引き起こすのです。

 

心室細動は、血栓や脳梗塞、心筋梗塞の原因になる不整脈です。

 

こわい不整脈は、薬物療法や手術で治療することができますが、
まずは日頃の食生活に注意して、
心室細動を予防することが重要です。

 

飲酒や喫煙、カフェインや塩分の摂りすぎや水分不足に十分注意。

口にする水の量と質

水分不足を補うものは
ジュースやカフェインが入っている飲み物ではなく、
お水、白湯、のことをいいます。

 

1日摂取目安量は1500ml前後と言われています。

 

よく、「お水が飲みにくいから、お茶ばかり飲む」
という人も結構います。

 

お水は、水道水は美味しくないし、硬水だと飲みにくいため
そういう人は、口あたりがまろやかで、スーッツと飲める、
水素水や温泉水を選ぶとよいでしょう。

 

昔と違って今は、飲み水も選ぶ時代となりました。

 

ちなみに、私の母も水ギライでしたが、
天然水の水素水なら飲みやすくて美味しい!といって
毎日、楽しみに飲むようになりました。

 

水道水を使った水素水ではなく、
天然水を使った水素水は放射性物質やセシウム、
ヨウ素の心配もいりませんし、
ナノ化されていたりと、まろやかで抵抗なく飲めます。

 

水素は医療分野でも水素ガス吸入、水素点滴を始め
世界的に期待される最新治療の1つでして、

 

簡単にいうなら、
活性酸素を除去して細胞を元気に蘇らす、還元作用があります。
言葉を変えて、アンチエイジング、奇跡の水ともいわれています。

 

人間の体は約60%以上が水分でできています。

 

体内の水分代謝をどんな水で入れ替えるのか、
よく考えてみてください。

 

また、食事の際に、早く食べ過ぎるのも
心臓に負担をかける原因となってしまいます。

 

ゆっくり噛む、腹八分目はやっぱり身体に良いのです。

 

食生活以外にも、ストレスや睡眠不足、
高血圧も心臓に良くないのは、すでに書いた通りです。

 

不整脈を防ぐには、
糖尿病や肥満などの生活習慣病を防ぐのと同じような方法が
適しています。

 

不整脈も生活習慣病のひとつと考え、
食生活や生活習慣を見直しましょう。

 

1に健康、2に家族、3にお金・・

 

という聞いたことのあるフレーズ。

 

健康でいれば、健康寿命を長くすることが可能です。

健康寿命ってなに?

健康寿命とは、
介護が必要のない健康で活動的に暮らせる期間をいいます。

 

自分の健康寿命が平均寿命に近いほど、
寝たきり期間を減らすことができることにもなるわけです。

 

寿命ギリギリまで健康で元気に活動的に
暮らすことができたら、どんなに幸せだろう。とは思いませんか。

 

ちなみに健康寿命を、長くするコツは働くことだと言ってますが、

 

ようするに、

 

テクテク(運動)・カミカミ(3度の食事)
ニコニコ(笑顔)・ドキドキワクワク(感動)

 

を、毎日取り入れることができればいいのです。

 

海外のとある老人ホームでは、健康な老人に限定して、
朝食を食べに部屋を出したら介護スタッフが部屋に鍵をかけ、
夕食を食べ終わるまでは部屋に入れないようにする
ところもあるようです。

 

これは、ベッドでゴロゴロを防ぐためです。
足腰が弱くなりやすくなったり、ボケ防止のためでもあります。

 

意識的に部屋に入れない方が、
散歩に行ったり、本を読んだり、トレーニングしたり
人と会話を楽しんだり、
五感を使って刺激のあることをするキッカケになりますよね。

 

ちなみに現在私が通っているスポーツクラブには、
70歳前後、80歳以上の高齢の方たちが
元気にピンピンと飛び跳ねています。

 

同年代の運動していない人と比べると
体力も、気力もピンピンしていて、パワーも全然違います。

 

お肌もシワやシミ、たるみが少なく、ツヤとハリもあります。
体型の崩れが少ないことにも驚かされます。

 

健康寿命を延ばそうと、健康意識の高い人の集まりは
ポジティブ思考の人の集まりでもあります。

 

とくに80歳越えで、
エアロビクス上級者クラスに入っている人に、すごいなと思って
健康の秘訣を聞くと、

早寝早起き
三度の食事
いつも笑顔で
毎日運動
ドキドキ・ワクワク・ハラハラを楽しむ
ヨーグルトにプルーンを入れて食べている

「特別なことは、何にもしてないよ!」
と、言ってました。

 

いや、健康寿命を長くするコツはクリアしてる!
なるほどね〜と思わずにはいられません。

関連ページ

不整脈と貧血の関係
不整脈と貧血について。
不整脈の原因40代
40代という年代別にみた不整脈の原因について。
不整脈の原因50代
50代の不整脈の原因について。
胎児の不整脈の原因
胎児の不整脈の原因について。

注目記事