【スポンサーリンク】

50代の不整脈の原因はなに?

不整脈の原因は遺伝性の心臓疾患や、抗うつ剤などの薬の副作用、
また老化現象のひとつとも言え、様々ですが、
若く健康な人にも起こる場合があります。

 

激しい運動をした後ではなく、
安静にしていても脈のリズムが乱れるのが、不整脈です。

 

特に、50代の更年期の女性も要注意です。

 

不整脈の原因のひとつの、更年期障害は
ほてり、汗かき、不眠、めまい、息切れ、イライラ、うつなど
症状はいろいろあって、辛さのランクも人それぞれですが、
その中に不整脈も挙げられます。

 

不整脈は体の不調のサインになる症状で、その原因も様々です。

 

閉経後は血圧が上がりやすくなり、高血圧に悩む人も増えますが
高血圧は不整脈を起こしやすくします。

 

更年期になると、ホルモンバランスが崩れ、
自律神経の働きが悪くなることは、「不整脈の原因40代」
でも書いていますが、気をつけたい病気は50代にも該当するので
一度、ご確認ください。

 

自律神経は発汗や体温調節、内分泌など
自分の意思では調節できない機能に働きかける神経ですが、
心臓の動きもこの自律神経が制御しています。

 

自律神経が乱れることによって、
うまく心臓を機能させることができなくなる可能性があるのです。

 

今の時代、自律神経が乱れる人は、当たり前のように多く
いかに正常にコントロールすることができるか
課題といってもいいです。

 

これまで心臓に疾患がなかった40代、
50代の人が急に不整脈を起こすと、
重篤な病気がかかったのかと不安になることでしょう。

 

更年期障害の症状のひとつとして不整脈もあり得る
ということを知っておきましょう。

閉経前後

閉経前後の女性が、急に徐脈や頻脈を感じるようになったら、
それは更年期障害による不整脈である可能性があります。

 

更年期障害は体のほてりや冷え、発汗など、
肉体的にも精神的にも負担は大きいものです。

 

これに不整脈が加わるとさらに負担がかかり、
いつ不整脈の発作が起こるのかと
外出するのが怖くなってしまうこともあるかもしれません。

 

ただ、更年期障害による不整脈は、
命に関わる症状ではありません。

 

自律神経のバランスが整えば、症状も改善されるもので、
不整脈が起こったからといって
心臓が止まってしまうというわけではありませんので、
過度な心配は不要です。

 

更年期障害によって不整脈が起きている場合は、
一度婦人科を受診して相談してみましょう。

 

それでも改善されない場合や発作が続いて苦しい場合は、
循環器科の受診を検討します。

関連ページ

不整脈と貧血の関係
不整脈と貧血について。
不整脈の原因40代
40代という年代別にみた不整脈の原因について。
胎児の不整脈の原因
胎児の不整脈の原因について。
食事が原因の不整脈
食事が原因の不整脈について。何を変えればよいのかについて。

注目記事