【スポンサーリンク】

不整脈の原因とは

不整脈の原因を分類すると以下のようになります。

 

@ 刺激伝導系の異常
(電気回路の働きの異常で、他に異常がない場合)

 

A ポンプとしての心臓の異常
(生まれつきの心臓病、心臓弁膜症、心筋症)

 

B 狭心症、心筋梗塞

 

C ホルモン(内分泌)の病気(甲状腺機能亢進症)

 

D 老化

 

原因がA、B、Cの場合は、
心臓やホルモンの病気に対して治療を進める必要があり、
また、そうした病気の治療によって不整脈が消失する場合もあります。

 

不整脈は、字の通り、脈の打ち方がおかしくなることを意味します。

 

脈が異常にゆっくりになる、速くなる、不規則になる、
といった症状です。

 

ほとんど心配のないものから、
突然死する可能性があるものまで様々です。

 

不整脈の種類を分類すると以下のようになります。

 

@単発的に出る不整脈(期外収縮)
A脈が速くなる不整脈(頻脈性不整脈)
B脈が遅くなる不整脈(徐脈性不整脈)
C死に至る不整脈(心室細動、心室頻拍、心停止)

 

不整脈の代表的な症状は動悸ですが、症状を分類すると
以下のようになります。

 

@安静にしている時に自分で脈を測ってみて、
1分間に50回以下、または100回以上である

 

A脈が規則正しくない
(これには時々脈がとぶ、急に速くなる、
まったくばらばらな場合などがあります)

 

B心臓がどきどきする(動悸)

 

C急に胸が苦しくなったり痛くなる

 

D頭がスーッと軽くなったりフラッとする、意識がなくなる

 

症状のABCは、脈が速くなる不整脈
(頻脈性不整脈)で起こることが多いようですが、
脈が遅くなる不整脈でみられる場合もあります。

 

Dは脈が遅くなる不整脈
(徐脈性不整脈)に多くみられますが、
心室頻拍といった頻脈で起こる場合もあります。

 

不整脈は、
一定のリズムで拍動する心臓のメカニズムの異常で起こります。

 

心臓は筋肉の塊でできたポンプです。

 

最適な速さで心房と心室が連携をとり、
規則正しく収縮と拡張をくりかえしています。

 

この収縮と拡張の繰り返しをつかさどる電気回路を
刺激伝導系といい、その働きの異常が不整脈です。

不整脈の原因はなに?記事一覧

不整脈と貧血が関係あるのは徐脈性不整脈です。私たちの心臓は、体中に血液を送り込むため、絶えず一定のリズムで動いています。しかし、何らかの理由でこのリズムに乱れが生じることがあります。これが不整脈です。不整脈の種類によって現れる症状は違いますが、大きく分けて3つの種類に分類されます。人の心臓は1日に約10万回、1分間でおよそ70回動いています。この平均値を基に、不整脈は分類されます。まずは徐脈性不整...

心臓病が原因となる突然死は、およそ年間6万5,000人、1日に180人近くにのぼります。働き盛りの40代〜50代に起こることも多く、まだ若いからといって油断できません。更年期障害の中には不整脈やめまいの症状がでることがあります。40代は特に、更年期だけでなく、閉経を迎える時期でもあるため体内のホルモンバランスが不安定に変化する避けて通れない期間です。ホルモンバランスが崩れると、どうなるのか。それは...

不整脈の原因は遺伝性の心臓疾患や、抗うつ剤などの薬の副作用、また老化現象のひとつとも言え、様々ですが、若く健康な人にも起こる場合があります。激しい運動をした後ではなく、安静にしていても脈のリズムが乱れるのが、不整脈です。特に、50代の更年期の女性も要注意です。不整脈の原因のひとつの、更年期障害はほてり、汗かき、不眠、めまい、息切れ、イライラ、うつなど症状はいろいろあって、辛さのランクも人それぞれで...

胎児の不整脈の原因は、へその緒が圧迫されていることや、流産早産を防止するために、妊婦に投与する子宮の収縮を抑える薬の副作用、喫煙などによるものも考えられます。高血圧の場合や妊娠中毒症の場合も注意が必要です。お腹に赤ちゃんができたとき、産科でまず確認するのが腹部エコーと赤ちゃんの心拍です。心拍が確認できると母子手帳を発行してもらえるというケースが多いですね。心拍は、胎児の健康状態を把握する大きな判断...

不整脈の原因は心臓の疾患や老化、自律神経の乱れなど様々ですが、普段の食生活の中にも不整脈を誘発する要因があります。例えばアルコールや、コーヒーなどカフェインが含まれる飲み物は心臓を刺激し、不整脈を引き起こす可能性があります。また、喫煙も、脈を速くする原因のひとつです。また、コレステロールの高い食事や塩分の高い食べ物、脂っこいものも、心臓に悪影響を及ぼします。こういった食事は血液をドロドロにし、血栓...


注目記事