【スポンサーリンク】

心臓ペースメーカーの治療と役割

心臓ペースメーカーの治療は、
心臓のなかに留置したリード線を通して、脈の状態を察知し、
徐脈時には電気刺激によって心臓の泊数を調整します。

 

ペースメーカはライターほどの大きさで、鎖骨の下に埋め込む
手術を行います。

ペースメーカー

 

心臓の動きは、心臓の4つの部屋、
(右心房、左心房、右心室、左心室)をタイミングよく動かす必要があり、
指示を出しているシステムの刺激伝導系と呼ばれるところの
最上部にある洞結節から出る電気信号によって、
心臓の動きが制御されています。

 

洞結節から発せられた電気信号は心房に広がり、
心房結節に伝わります。

 

そして心房結節は心室にこの信号を伝え、
心臓全体が収縮するのです。

洞結節

この洞結節に異常が生じて、信号を発する回数が減ってしまったり、
まったく発さなくなってしまった状態を洞不全症候群と言います。

 

また、心房結節に異常が出て、
心房から心室へ信号が伝わらない状態を房室ブロックと言います。
洞不全症候群と房室ブロックはいずれも、
脈が遅くなる徐脈性不整脈の原因になります。

 

脈が遅くなり、一時的に心拍が止まることもあるため、息切れしやすく、
安静にしていても疲れてしまったり、
めまいや失神を起こすこともあります。

 

このため、洞不全症候群や房室ブロックによる徐脈性不整脈は
薬物治療とペースメーカー治療を行います。

 

薬物治療で十分な結果が得られない場合や、
長期間安定した効果を望む人にはペースメーカー治療が有効です。

 

また、重度の房室ブロックの場合にもペースメーカー治療が必須です。

人口の臓器

ペースメーカーは、脈が遅くなったときに、
洞結節の代わりに電気信号を発する人口臓器です。

 

胸を開いて機械を入れるとなると、大手術のように思えますが、
ペースメーカーを埋め込む手術は簡単な部類に入るもので、
日本では年間4万人以上に行う一般的な治療です。

 

ペースメーカーはマッチ箱くらいのサイズで小さく軽く、
局所麻酔での手術で鎖骨の数p下を切って入れます。

 

ペースメーカー本体は鎖骨下の胸部に、
そこから電線を心臓の内部に入れ、必要な時に電気信号を発します。

 

体に負担が少ない手術なので、
高齢者や合併症がある患者にとっても、比較的安心な手術です。

 

手術の所要時間は2〜3時間で、
検査のため前日から入院するようになります。
手術後は、1週間程度で抜糸します。

 

ペースメーカーは電子機器なので、
移植後の生活にはいくつか注意すべき点があります。

 

まず、低周波治療器や高周波治療器、
MRI検査や高電圧の場所は避けましょう。

 

日常的に使う炊飯器や電磁調理器、
磁石や金属探知機は、胸に近づかないように注意しましょう。

 

携帯電話は、22cm以上離して使うようにします。

 

植え込んだ側と反対の手で携帯電話を使い、
胸ポケットに入れないように注意しましょう。

 

また、ペースメーカーが正常に動いているか定期検査も必要です。

 

半年に1回ほど受信して、きちんと機能しているか、
電池の残量があるかなどをチェックします。

関連ページ

不整脈の治療放置やばい?
不整脈の治療をしなかったらどうなるのかについて。
不整脈は治せるの?
不整脈はどこまで治せるのかについて。
カテーテルアブレーション治療
カテーテルアブレーション治療はどんなことをするのかについて。
ペースメーカー手術しました。
ペースメーカー手術と治療について、患者目線のまとめ。
ペースメーカー電磁波に注意!
ペースメーカーを植え込み後、電磁波や電子機器で注意しなければいけないこと。
ペースメーカー手術前の励まし
ペースメーカー手術前の患者にかける言葉で気をつけたいことについて。

注目記事