【スポンサーリンク】

不整脈は何科へ?

不安になったとき、不整脈は何科へ受診したらよいのでしょうか。

 

それは、
循環器科や内科の診療所や病院に行くのが一般的です。

 

ですが、不整脈と言ってもさまざまな種類があるため、
一概に何科に行けばいい、とアドバイスできないのが現状です。

 

そこでおすすめなのが、
現在、ほかの病気で通っている診療所や病院があれば、
そこに受診することです。

 

健康診断の結果や自覚症状などを相談すれば、
たとえその先生が不整脈に詳しくない先生であっても、
専門医への紹介が必要かどうか、ということは分かるからです。

 

今現在、定期的に通院されていない方であれば、
自宅近くで循環器内科を標榜している診療所や病院を探します。

 

その際、健康診断の結果などがあれば持参するようにしてください。
どのような種類の不整脈か分かっていれば、
その分、診断も早くなるからです。

 

ただし、循環器内科を標榜している病院であれば、どこでもいいのか、
と言われれば、
必ずしも循環器内科の専門医が
すべて不整脈に詳しいとは言えないのが現状です。

 

循環器内科といっても、多くの専門領域があるからです。

 

しかし、専門的な治療がその病院で出来ないという場合には、
もちろん適切な病院を紹介してくれますので、
まずは受診してみてください。

 

最近では、
不整脈全般の検査や治療を総合的に行う医療機関もあります。

 

もし、お近くにそのような医療機関があれば、
一度受診してみるのもいいでしょう。

 

不整脈と言えば、「なんとなく怖い」 「早く不整脈をとってほしい」
という感覚は誰もが持ってもおかしくありません。

 

しかし、不整脈は決して珍しいものではありません。
必要以上に不安感を持たず、病院を受診しましょう。

 

受診しないでずっと不安なままでいることのほうが、
むしろ健康にとって害といえるかもしれません。

 

不整脈の9割が治療が不要な不整脈です。

 

受診した結果、心配のいらない不整脈であるということが分かれば、
自信をもって元気に過ごすことができるはずです。

関連ページ

不整脈は心臓病のサインかも。
不整脈は心臓病なと別の隠れた病気の可能性があることについて。
不整脈は生活習慣病の1つ。
不整脈と生活習慣病の関係について。
不整脈の症状例。
一般的にいう、不整脈の症状について。
不整脈と診断できない動悸も。
不整脈と診断できない動悸について。

注目記事